ホーム > ワキガ > わきがで本当に困っています

わきがで本当に困っています

わきがで本当に苦労した事を振り返ってみようと思います。

私は、中学生になった頃から脇から独特な臭いがしていて、困っていました。

母親に相談すると、「私に似て、わきがになっちゃったね。遺伝しちゃったね。ごめんね。」と言われ、母親がその日以来、デオドラントスプレーを購入してくれて私自身、母親を責めてしまったような気がして、脇の匂いに関しては相談しなくなりました。

匂いは年中季節を問わず臭います。

でも、セーラー服は毎日洗えませんし。

脇汗もすごく緊張すると余計にわきがの臭いが強くなります。

トイレに行くたびに脇汗をハンカチで拭うなどの方法を試しましたが、ハンカチに臭いが移っただけで何の対処にもなりませんでしたが、中学生の私には、他の方法は考えも付きませんでした。

高校に入り軽い香りの香水を脇の場所にあたる服にスプレーしてみると、わきがの臭いと香水の匂いが混ざり、吐き気をもよおす様な、とんでもない臭いにおいに、周囲も嫌な顔を見せる始末。

その頃、わきがは雑菌が繁殖してアポクリン腺から臭いにおいがするので、脱毛が効果がある。

と知り、入浴で必ずわき毛を、毛抜きを使用して抜いていました。

少しは軽減されましたが、根本からは改善されず、社会人になってからは、人前に出る時など、自分で緊張したら余計に臭うと理解でき、出来るだけリラックスを心がけましたが、仕事が看護師で、白衣も脇の下だけ黄ばみ、洗濯して帰ってきても、私のだけ脇の黄ばみが目立つ。

全員分が並べられるので、直ぐに分かります。

凄く恥ずかしくて、その場から逃げたい気分で一杯になります。

なるべく腕を挙げないように脇を閉めて行動するようにしていましたが、臭いも周囲に不快な印象を与えていたと思います。

その頃は、トイレに行く都度、アルコールで脇を消毒していましたが、一大決心をして、美容外科に相談に行き、まずは、レーザーで脱毛をして、それでも臭いは気になり、今は3か月に1度ボトックス注射をして脇汗をかかないようにしています。

汗をかかない間は、臭いはありませんが、お金が掛かるので、最終手段は、わきがの手術をしたいな。

わきがの治し方