ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化の危険

クレジットカード現金化の危険

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用して業者から商品を購入して、購入した商品を再び業者が買い取ることをいいます。

http://www.card-genkinka.link/

例えば、業者からクレジットカードを使って10万円の商品を購入します。そして、購入した商品をすぐに業者が購入者から8万円で買い取ります。購入 者はその場で8万円の現金を受け取ることができますが、後日クレジットカード会社から10万円を請求されます。また、後日クレジットカード会社から業者に 支払われる金額と購入者からの商品買取価格の差額が業者の利益となります。購入者はすぐに現金を手に入れることができますが、結果的に法外な利息でお金を 借りることと同じであり、より多額の負債を負うことになります。またキャッシュバック方式と呼ばれる現金化もあります。こちらはクレジットカードを利用し て商品を購入すると業者からキャッシュバックとして現金が支払われるというものです。例えば千円の価値ブレスレットを10万円で業者から購入すると、業者 から購入者に8万円がキャッシュバックとして支払われるというものです。このケースでも購入者は後日クレジットカード会社から10万円を請求されるため、 法外な利息でお金を借りることと同じであり、より多額の負債を負うことになります。クレジットカード現金化の勧誘は街角だけでなく、新聞やインターネット でもしています。「景品表示法を遵守しています。」や「公安委員会の許可を受けています。」のように適法であるかのように宣伝している業者もありますが、 現金化自体が法的に保証されていたり、問題がないということではない点に注意する必要があります。また、クレジットカード現金化はクレジットカード会社も 認めておらず、カードの利用停止や一括支払いの請求をされることもあります。クレジットカードの現金化は非常にトラブルも多く、政府も対策として広報を 行っています。トラブルの際は、一人で悩まずに専門機関に相談することが大切です。